スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012.12.30 Sunday | category:-
| スポンサードリンク | | - | - |
イギリス旅行

すっかりブログを放置していましたけども〜(´A`)
クリスマスシーズンのイギリスへ行って来たので、旅行記を書きます♪



子供の頃からイギリスの児童文学が大好きで、
それらはロンドンのような大都会ではなく、イギリスの田舎を舞台にしたものが多かったので、
是非同じイギリスでもそういう景色の場所を回りたいと思い、
今回はそのようなプランにしました。
一枚目はイギリス北西部、「湖水地方」と呼ばれる地域の写真です。



これも湖水地方。
肌寒く、湿度が高くて、古い石は苔生しています。



ロマン派詩人ワース・ワーズが晩年に住んだ、ライダルマウントの家。
お庭が広くてとても綺麗。
イギリスのこの地方は、気温が低く日照時間が短いため、
庭に植えた植物が枯れずに良く育つのだそうです。



クリスマスデイ(12月25日)は本来、どこの施設もお休みで、
ライダルマウントも例外では無いのですが、
わざわざ私たちのために開けてくれた上に、
グリューワインとミントパイを振るまってくださいました。



クリスマスということで、多くのレストランでテーブルにクリスマスクラッカーが置いてあります。



中にはこのように細々としたおもちゃが入っています。



ホテルもクリスマスの飾りつけで華やかです。
ちなみに、このホテルは「マナーハウス」と呼ばれる種類のホテルです。
古い貴族の館を改装したホテルだそうで、
アメリカンスタイルのホテルとは違って、
部屋ごとに内装が違ったり、中が迷路のように入り組んでいたりします。

ところで、日本でクリスマスというと25日までのお祭りで、
26日には飾りをすべて取り払ってしまって、正月の準備が始まりますが、
ヨーロッパでは1月の第一週くらいまではクリスマス期間なのだそうです。



12月26日(Boxing Day)に遭遇したマラソンの一行。
サンタクロースの仮装の男性が走っています。



赤いテレフォンボックスがあったので、浮いてみました(笑)
イギリスのポストやバスが赤いのは、
産業革命直後のロンドンの大気汚染がひどく、
黒い霧の中で少しでも目立つように、ということで赤になったのだそうです。



最後は首都ロンドンへ。
ずっと田舎町を巡って来たので、人の多さに驚きました。



FORTNUM & MASON 本店の2階の喫茶室でアフタヌーンティーをいただきました。
メニューを見てもどれだか分からなかったので、
ガイドブックの写真を店員さんに見せて「これをください」と言うと、通じました。

下段はバターとイチゴジャム。
中段がスコーン(プレーンとほしぶどう)とミントパイ。
上段がアイスケーキです。



バターとジャムをつけていただきます。
あたたかくてふわふわでとっても美味しかったです。

「アフタヌーンティー」というと、ちょっとしたおやつのような印象ですが、
実際は量も多く、お腹にたまるので、
日本人ならお昼としていただいても良いのではないでしょうか。



さて、今回の旅で私が最も楽しみにしていたもののひとつ。
パディントンです!

「くまのパディントン」のお話はご存知でしょうか?
日本でも絵本になっているのですが、
ペルーからひとりぽっちでやってきた小さなクマが、
ブラウンさん一家と共にロンドンで暮らすお話です。

そのクマがブラウンさん一家と出会ったのがパディントン駅。
そこから、このクマは「パディントン」という名前で呼ばれることになります。
それを記念して、パディントン駅にはこのパディントンベアの像があります。

場所は、ヒースローエクスプレスの線路の端のすぐ傍にある小さなショッピングモールに入ってすぐの所です。
写真にあるように、2階へ上がるエスカレーターの脇にあります。



2階にはパディントンベアのショップがあります。
残念ながら私が行った時にはもう閉まっていましたが…。



最後にイギリスの食事について。
よく「美味しくない」と言われますが、そんなことは無いと思います。
もちろんレストランによるとは思いますが…。

名物、フィッシュ&チップスも、外はカリカリ、中はふわふわの白身魚で、
味もしつこくなく、ぺろりと食べてしまいました。



イギリスはヨーロッパの大陸(フランス、イタリア、ドイツなど)と比べると、
味付けが薄く、素材の味を好むそうです。



朝はどこのホテルでも、English breakfastと呼ばれるイギリス式の朝食でした。
朝からボリュームがあって嬉しいです。



ご飯で〆るのも何なので、最後にバッキンガム宮殿!
このバルコニーで、ウィリアム王子とケイトさんが「ロイヤルキス」をなさったそうです。

昨年のロイヤルウェディングに始まり、
ロンドン五輪、エリザベス女王即位60年と、
おめでたいこと続きのイギリスに訪れることが出来てとても嬉しかったです。

ありがとうございました☆

2012.12.30 Sunday | category:旅行記
| はるか | 16:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
ドイツ旅行4(ノイシュバンシュタイン城・ミュンヘン)

4日目に訪れたノイシュバンシュタイン城は、1869年にルートヴィヒ2世によって建てられた城です。
彼は人間関係に疲れ、過去の栄華の追憶の城としてこの城を建てました。
その為、バロック、ゴシック、ルネッサンスなど様々な様式が混じり合ったものになりました。

確かに、雪山のなかにそびえる姿は美しいとは思いましたが、
内部はやはり、どこか「〇〇時代のレプリカ」という印象を与える気がしました。
あと、女性的な部分を感じられませんでした。
やはり女性が居ることを想定した宮殿は、内装も華やかになるものです。


パーキングはふもとにあるので、そこから山道を20分ほど歩きます。
馬車もありますが、歩いてもそこまでつらくはありません。


着きました!
これがノイシュバンシュタイン城です!
美しいはずの青い屋根が雪で隠れています(´・ω・`)


しかも、一番高い塔は補修工事中とのこと。
完成は来年の夏。
またいつかチャレンジしよう。

ノイシュバンシュタイン城を後にし、ミュンヘンへ。
ミュンヘンでもクリスマス市をやっています。

グリューワインの屋台。


ミュンヘンのカップはこんな感じ。


イガグリ屋もありました(*`w´)!!


お夕飯はビールでもいただいて。

そして翌日帰国しました。
クリスマスを満喫出来て楽しかったです。

2011.12.21 Wednesday | category:旅行記
| はるか | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
ドイツ旅行3(ギーンゲン・ウルム・フュッセン)

3日目にまず訪れたギーンゲンは、テディベアで世界的に有名な「シュタイフ」社があるところです。
本社と工場に併設された博物館では、
シュタイフ社の誕生と成長を紹介するアトラクションを体験することや、
古いテディベアから最新のテディベアまでを見ることが出来ます。


ここがシュタイフ社です。
左手前にあるのは、「テディベアの病院」です。
補修を始めとしたケアをしてくれるそうです。
右奥にある円柱の建物が博物館です。

一番手前で案内をしてくれているくまは、
私が今回お迎えした「ロッテ」という名前のくまさんです。


このような夢のある展示が博物館を彩っています。


クリスマス時期ということで、ディスプレイもクリスマス仕様になっていました。

シュタイフ社を後にし、ウルムへ。
ウルムはアインシュタインの故郷。
大聖堂前の広場ではクリスマスマーケットが開かれています。


これがウルムのクリスマスマーケットの入口。


ながーーーーいホットドッグをいただきました。
タマネギうまうま(o´∀`o)
でも、屋台のおいちゃんに鉛筆あげてしまった(笑)

お「plese!plese!Japanese FUDE!!」
私「筆?鉛筆ならありますよ」
お「Oh~JaJa(やーやー)」(ポケットにしまう)
私「かえしてー!」
お「no!It's mine!」

せっかくなら折り紙とかあげたのに(´・ω・`)
鉛筆なんかでよかったのん??


これがウルムのカップです。
その土地それぞれの絵が描いてあります。


中央の大聖堂を上りました。
階段がいっぱいで大変疲れましたが、見下ろすクリスマスマーケットは綺麗でした。
これは階段の途中で撮ったもの。


無事にウルムでもイガグリ屋を発見(*`w´)!!

その後、フュッセンへ。
フュッセンは、ロマンチック街道の終着点です。



明日はノイシュバンシュタイン城に上ります。

2011.12.20 Tuesday | category:旅行記
| はるか | 23:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
ドイツ旅行2(ニュルンベルク・ローデンブルク)

二日目はニュルンベルクへ。
ニュルンベルクのクリスマスマーケットはドイツで最も有名です。


ソーセージが有名なお店。


パンでサンドしていただきます。
スパイスが利いていて美味しかった!


地元の人なのか観光客なのかは分かりませんが、
赤いサンタ帽子をかぶってマーケットを散策する人たちも。


ニュルンベルクのグリューワインのカップはブーツ型でした。
可愛い!

その後、一路ローデンブルクへ。
ローデンブルクは古い街並みが残された静かな町です。


ホテルは当時の屋敷を改装して作られたもの。
アメリカ式とはまた違い、味わい深い建物。


ホテルのなかに素敵な一角を見つけました。
このオルガンはまだちゃんと弾けるみたい。


これがローデンブルクのクリスマスマーケット。
小規模ですが、小さな宝石箱のような可愛らしいマーケットでした。


イガグリ屋発見!(*`w´)=3
と思ったら謎のおっさん乱入。
(この両腕を広げてカメラの前に飛び出してきたおっさんは謎の外人さんです)


これは、世界最大手のクリスマス用品専門店「Kathe Wohlfahrt」の本店です。
内部はまるでテーマパークのようです。


お夕飯にはサンタクロースが来てくれました(笑)
どう見てもバイトのお兄ちゃんがヒゲつけて赤い服着てきただけですが〜!笑
それでも嬉しいですね(o´∀`o)
クリスマスプレゼントにジャムをいただきました。


朝、ローデンブルクの町を散歩しました。
ドールハウスのような可愛らしい建物が並びます。
雪はさらさらとしていてお砂糖のようです。


有名な「シュノーバル(Snow Ball)」というお菓子。
さくさくでとっても美味しい!

2011.12.19 Monday | category:旅行記
| はるか | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
ドイツ旅行1(ドレスデン・ザイフェン)

ドイツへ行ってきました!
5年ほど前は夏に訪れたので、今回はクリスマスマーケットを中心に観光しました。
まずはドレスデン。


ドレスデンといえば、ドレスデン城の壁面にある「君主の行列」。
前来た時はこの前の露店でくるみ割り人形を買ったなーなんて思い出。


その後、雪深いエルム山脈のなかにある小さな村、ザイフェンへ。
ザイフェンは木のおもちゃの製造で有名な村。


通り沿いにはずらっとこのような、木のおもちゃを売る店が並びます。


私もサンタさんとバイオリンを弾くスノーマンと、マッチ箱のおもちゃを購入。
マッチ箱のなかに人形を入れるアイディアは、ドイツのこの村発だそう。


バスでドレスデンへ戻り、夜のクリスマスマーケットへ。
ここはドイツ最古のマーケットです。
クリスマスの4週前からマーケットは開かれています。


このように、広場にびっしり屋台が並んでいます。
広場の中央にはクリスマスツリーが立っています。


お菓子を売る屋台も。


このマーケットで振舞われるのが「グリューワイン」。
ワインにシナモンや砂糖を入れて煮詰めたあたたかい飲みものです。
マーケットは冬の夜の屋外で開かれるので、
身体が温まるホットワインは欠かせません。
マーケットごとに、この記念のカップが違います。
これはドレスデンのカップ。


イガグリ屋を発見 コウフン(*`w´) <イガグリ!イガグリ!!


グリューワインを片手に、ドレスデンの夜は更けてゆきます。

2011.12.18 Sunday | category:旅行記
| はるか | 22:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
北欧

どうも、お久しぶりです。
はるかです。
もう10月ですか、10月ですよ……。
ここ一週間ほど、ヨーロッパの方へ行って参りました。
フィンランド、スウェーデン、ノルウェー、デンマークの4カ国。
次はアイスランドも行ってみたいな。


フィンランド、ヌークシオ国立公園。
まるで映画に出てくるような森でした。
白雪姫とか住んでそうな感じ。
その辺から小人出てきそうな。


フィンランドといえばムーミン❤
船に乗ったらムーミンとミィが出迎えてくれました。
かわいいい!
でもなんか…怖い。
人食べてそう(笑)
ミィもなんか大きいし。
ちなみにこの時の服は全部Jane Marpleです。

フィンランドといえば「モイモイ」(さようなら)って言うのかと思ってて、
実際ヘルシンキ空港の売店では「モイモイ」って言われたんですが、
基本は「ヘイヘイ」だそうです。
モイモイって言うのは都会の若者だけらしい。
このミィも「ヘイヘイ」って言ってた。


スウェーデンのストックホルムで奥州筆頭に出会った(笑)
欧州で奥州筆頭に……もごもごもご。
この本屋さん、日本の漫画がたくさん売ってました。
日本語版と英語版両方揃えてあった。


ノルウェーのソグネフィヨルド。
船で進んでいくのです。
ここが一番狭いところで、ネーロイフィヨルドというそうです。


デンマーク。
デンマークといえばアンデルセン。
アンデルセンといえば人魚姫。
しかし有名な人魚姫の像は上海万博に貸し出し中で御留守でした。
これ、実況中継してるんです。
別に像、動かないのに(笑)


コペンハーゲンの空港にポストがあったから入ろうとしてみた。


楽しかったけど、やっぱり北欧は田舎だった。
私は都会の方が好きだな。
パリとかウィーンとか。
一緒に行った雑貨好きの友達は興奮してものすごい量買い物してたけど、
私は何も買わなかった。
雑貨好きな人は北欧いいかも。

2010.10.02 Saturday | category:旅行記
| はるか | 17:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
ただいまです

お久しぶりです、はるかです。
更新が滞ってすみません。
ちょっとオランダまで、ウサギ狩りに行っておりました。




狩り場


戦利品


一緒に行った母に、
「誰かにお土産?」
と聞かれましたがとんでもない。

全部私のものです。

まあ、日本からネットで買った方が色々なものが手に入るんですが、
ミッフィーの本場、オランダで狩ることに意味があるのです。
……そう、私は信じています。
ネットだと包装紙も付きませんしね。

ミッフィーちゃんの本名はNijntje Pluis(ナインチェ・プラウス)。
邦題は「ちいさなうさこちゃん」ですが、直訳すると「ふわふわ子ウサギ」です。
私が今回狩りに出かけたde winkel van nijntjeは、
オランダ・アムステルダム、ホテルオークラのすぐ近くにあります。
最近場所が変わったそうで、ガイドブックなどには古い位置が載っているのでご注意を。




チューリップも見てきました。
旅行ということでかなり服装が残念だったので、手だけで(笑)

2010.03.30 Tuesday | category:旅行記
| はるか | 18:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
Page: 1/1   

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Category

プーペガール

ファッションブランドコミュニティ「プーペガール」

Entry

Comment

Archives

Feed

Others

Sponsored Links